So-net無料ブログ作成

ブレーキ液交換 [いじり]

シータのブレーキ液を交換。
ホームセンターで金魚用のエアーホースとワンウェイバルブを買ってきて、エア抜きの要領でブレーキ液を交換。
エアが抜けないなーと思ってたら、ブリーダーに繋いだホースの横ちょからエアを吸ってたらしい。
リアのダイアフラムが伸びてることに気づくのが遅れ、あれれれれ?となったりとか。
缶から直接液を注いだので、あちこちに漏れた液が。
エンジンかけたら、エキパイからもわーんと臭い匂いがしたりして。
ま、でも、そんなもんだと。
拭き取れるだけ拭き取って、近所をテスト走行。
問題なし。
本当は、先日のオイル交換と同時にやるつもりだったんだけども。
そういうこともあるということで。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

オイル交換 備忘録 [いじり]

朝一でガルパン劇場版を見た後、昼食をとってから交換作業。真っ暗になる直前で作業終了。けっこう、きつかった。

GS君 50024km フィルタエレメント交換。
シータ 4232km

距離よりも、時期で替えた感じ。
GS君のオイルは真っ黒だったけど、シータのは、新品みたいに綺麗な色をしてた。スラッジとか出ないのか?出るほど距離乗ってないからか?
GS君、規定より多く入っちゃった?ちょっと、心配。また、抜かなきゃいけない?もう、ドレインボルトのパッキン在庫がない。おかしいな。どこかにあるはずなんだけどな。

四輪と合わせて3台ってのは、やっぱり、一人には贅沢な装備なんだろうな。シータとはバイバイした方がいいのか。いや、それなら、GS君とバイバイした方がいいのかな。あまりにも乗ってなさすぎて、可哀想な気がする。でも、どれかを捨てるってのも、今更、出来ない相談だったりする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

おまえらいつまでもいつまでも [独り旅]

銚子にのってんじゃねえかんな。
って、違う。

別に、銚子を目指したわけではなかった。
本当は、アクアラインで木更津に行くはずだった。
ところが、アクアラインのトンネル入口の時点で大渋滞だったのでやめた。

朝から、体調が悪い。
バイクを動かす気分ではなかった。動かさないといけないという義務感に襲われて、無理やり出庫したのだった。
GS君を縛り付けているものを解除して、外に出す。もう、これだけでいいんじゃないかと思ったりして。

渋滞を尻目に湾岸線をそのまま北上。
木更津に行かないならどこに行こうか。目的があるわけでなし、なんとなく、進む。
幕張の前で腹が減って。蕎麦でも食べて先に進もうと。ノリの蕎麦を食べた。ノリが意外に旨く。
でも、腹が膨らんだら、急にまた感覚がおかしくなってきた。
なんというか、GS君と自分の間に薄い膜が張ったかのような感じ。GS君が、遠くから、インフォメーションをくれる感じ。こちらからも、指示がダイレクトに伝わっていないのではないかという感じ。
怖い。明白な恐怖ではなく、第六感に伝わってくるような、ぞわぞわとした恐怖。
東関道に入ったら、空気の匂いや重さまで変わってきた。俺、何してんだろうな。稲刈りの終わった田園風景を横目に、ぼやっとした感覚で運転を続ける。
こういうときに、ちょっかいを出してくる四輪が鬱陶しい。
先に行きなさいと、さっさと道を譲る。
出がけに痛めた膝が、血流に合わせてずきんずきんと痛みを伝えてくる。
どこに行こうとしてたんだっけ。木更津は諦めて、何を求めていたんだっけ。思っていたら、終点までついてしまった。終点は茨城だったんだね。
なんとなく、太平洋方面へ。
鹿嶋市?鹿島灘?どこを走っているのかわからない。東の方に向いていればそれでいいかと。
セブンイレブンのホットコーヒーで温まって、さらに東へ。
IMG_0110.jpg
ここより東に道はないらしい。
ならば、南へ。
犬吠なら、魚でも売ってるだろう。
海沿いに、延々と建てられた風車。翅の先端がたわんでいるのが恐ろしい。
観光地でもないのだから構わないだろうという気持ちもわかる。再生可能エネルギーへの傾倒も致し方ないところとも思う。でも、見ていて、とても、計画があって建てられたようには思えない。こういうことが、本当に、将来、役に立つのだろうか。原発怖いの思考停止が生み出した結果でしかないような気がする。こんなことをしていたら、日本の海岸線は全て風車で埋められて、そのうち、廃墟と化した風車がまた新たな問題を生み出すのではないかと。

IMG_0113.jpg
犬吠近くの海まで出た。途中、魚を焼くいい匂いを何度かかいだ。食堂かと思えば、源は普通の民家らしい。匂いだけで、美味しいことがわかる。間違いない。僕にも食べさせてほしい。
そんなことを思っていたら、そろそろ、蕎麦のエネルギーが尽きたらしい。
相変わらず、薄いベールを被ったままのGS君からちょっと離れて、魚を食べることにした。

IMG_0114.jpg
残念なことに、焼き魚はなかったので、煮魚になってしまった。
超高級な魚の煮付け。およそ、一人前とは思えない分量(大盛り)を、モゾモゾと食べた。
脂が乗りすぎていて味がのっていないけれど。さすが、ヒゲタ醤油のお膝元。いやらしい感じになっていないのはいいのではないかと。
帰りは大渋滞で。それでも、GS君の油温が安定していたのは不思議だった。
相変わらず、ベール越しの感覚だけど。
湾岸線を降りて、K1を使おうかと思ったけれど、気が変わって下に降りた。今日は渋滞につかまりやすい日だったらしく、降りてからも渋滞。こんな日もあると諦めるしかないけれど。
300kmくらい走ったのかしら。途中1給油。
そんなに走っていないはずなのに、疲労感だけが先走っているように思う。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
メッセージを送る