So-net無料ブログ作成
検索選択
いじり ブログトップ

ブレーキ液交換 [いじり]

シータのブレーキ液を交換。
ホームセンターで金魚用のエアーホースとワンウェイバルブを買ってきて、エア抜きの要領でブレーキ液を交換。
エアが抜けないなーと思ってたら、ブリーダーに繋いだホースの横ちょからエアを吸ってたらしい。
リアのダイアフラムが伸びてることに気づくのが遅れ、あれれれれ?となったりとか。
缶から直接液を注いだので、あちこちに漏れた液が。
エンジンかけたら、エキパイからもわーんと臭い匂いがしたりして。
ま、でも、そんなもんだと。
拭き取れるだけ拭き取って、近所をテスト走行。
問題なし。
本当は、先日のオイル交換と同時にやるつもりだったんだけども。
そういうこともあるということで。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

オイル交換 備忘録 [いじり]

朝一でガルパン劇場版を見た後、昼食をとってから交換作業。真っ暗になる直前で作業終了。けっこう、きつかった。

GS君 50024km フィルタエレメント交換。
シータ 4232km

距離よりも、時期で替えた感じ。
GS君のオイルは真っ黒だったけど、シータのは、新品みたいに綺麗な色をしてた。スラッジとか出ないのか?出るほど距離乗ってないからか?
GS君、規定より多く入っちゃった?ちょっと、心配。また、抜かなきゃいけない?もう、ドレインボルトのパッキン在庫がない。おかしいな。どこかにあるはずなんだけどな。

四輪と合わせて3台ってのは、やっぱり、一人には贅沢な装備なんだろうな。シータとはバイバイした方がいいのか。いや、それなら、GS君とバイバイした方がいいのかな。あまりにも乗ってなさすぎて、可哀想な気がする。でも、どれかを捨てるってのも、今更、出来ない相談だったりする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

GS君オイル交換 [いじり]

石川県への道すがら、オイル交換を約束したので、実行。
IMG_0359.jpg
今回は、あまり距離を経ずに交換したはずだけれども、オイルは真っ黒で、粘度のない状態で、しゃーっと出てくる感じだった。ごぷん、ごぷんじゃなく、シャーっとね。
44117kmにて。
IMG_0360.jpg
elfの20w-50を買ってみた。ミネラルオイルだし。ちょうどいいわいと。いつもより、ちょっと、お値段お高めだけど、大して変わらんとも言う。
写真に値札がついたままだったというのは、ちょっとした誤算。
オイルぱっくりの中にドレンボルトを落としてしまって、捜索が大変だった。
熱いオイルに手を入れて、ココかそこかと探すというのは、もう、やりたくないなと思った。
3.5lほど入れて、ゲージが満杯になったので、いったん、近所を走り回って、帰宅。
約7分後、
IMG_0361.jpg
だったので、これで大丈夫だろうと判断した。
この後、泥よけを取り付けたりして、15分後に点検しても、ほぼ油量は同じだったので、十分でしょう。と。
近所を走った感じでは、どうも、今までの中では一番のような感じがする。カストロールのような、軽く回る感じではありながら、しっとりとした感じがする。
カストロールの全く抵抗なく回る感じが、個人的には最も好みなんだけれども、水平対向には柔らかすぎるんじゃないかと心配になるので選んでいない。部分合成油ばかりだしね。
そういえば、BE5にも、elfが一番良かったような気がした。ま、いい加減な記憶だけど。
そんなこんなで、もう少し、頻繁に乗ってやりたいなと思ってはいるけど実行できない言い訳とともに。
ドレンボルト 32Nm
12mmナット 19Nm
12mmボルト 19Nm
小ねじ 8Nm
で締め付け。
ドレンワッシャが底をついたので、新しいのを買ってこないとなー。
と。それは、また、今度。
ついでに、クランクケース内圧コントロールバルブも、掃除しておいた。若干、固着気味だったので、ちょうどいいタイミングだったのかも。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

オイル交換 [いじり]

シータでは初。
自分でやるのはね。

まずは、ドレンのパッキンを求めて三千里。
買ったお店にはちょうど在庫がなく。
しかたなく、近所のドリーム店へ。1枚32円。
IMG_0211.jpg
安い。
向かって左が新品。右が使用済み。
これは、再使用可能な気がする。
交換したけど。
市内とはいえ、パッキンのために約40kmも走るなどと、オイラも暇人。

IMG_0212.jpg
走行直後だったので、オイルは水のようにしゃーっと出て。あっという間に抜けたなぁと思ったのだけど、バイクを傾けるとチョロチョロっと出るので、何度か繰り返し。チョロチョロがポタポタになったところで諦めた。
バイクのオイルって、こんなに、しゃーっと出るんだなんて、妙なところに感心したよ。ホントに、水みたいにしゃーって。(←しつこい)

ドレンを閉めて。
パーツクリーナーで油を落として、ついでにアンダーガードそのものと、アンダーガードで隠れている部分を水拭き。まぁ、汚れがたまっていてすごかった。汚れはたまらなくていいから、貯金がたまらないかなとか、ぶつぶつ。

スッキリさっぱり奇麗になったところで、ドレンを本締め。
IMG_0213.jpg
持ってて良かったトルクレンチ。24Nm。ってホントかな?
アンダーガードの止めネジは不明だったので、とりあえず、締まってりゃいいやと。
IMG_0214.jpg
11Nmで。

このトルクレンチの、コクッていう感触、好きなんだよね。

工具を直に床に置くな!っていうツッコミは、このさい、聞かないことにします。はい。

さて。油を入れて。
IMG_0215.jpg
バイクをまっすぐにして、ゲージの中にいる感じ。
もちろん、エンジンをかけ直して暫く待ってからね。
1.4リットルが目安のようで、ゲージで計っても、だいたいそんな感じに入ったので良しとしよう。うん。そうしよう。
ホンダ純正G1オイル。鉱物オイルとのことで、もしかして、GS君にも使えるのかしら?なんて思ったり、思わなかったり、ラジバンダリ。

油と言えば忘れちゃいけない、チェーンの油。
長期不動車の特徴として、錆びまくっているチェーンに、油を注して終了。

さて、次に乗るのはいつかな?
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
いじり ブログトップ
メッセージを送る