So-net無料ブログ作成
星の手帳 ブログトップ

中秋の名月 [星の手帳]

あいにくの曇り空。
やっぱり、ピントも合ってないね。
2W2A1474.JPG
そういえば、お団子、買ってなかった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

21世紀の森 [星の手帳]

21世紀の森。
と言うところを訪ねて見た。
他に誰もおらず、誰もいないはずなのに、森の中から、ガサガサと音が聞こえる。
なんとも、怖い場所だった。

なんとなく、ぎょしゃ座方面。
2W2A1272.JPG

なんとなく、カペラ?
2W2A1273.JPG

なんとなく、すばる。
加重平均すばる.JPG
3枚ほど、写真を重ねて見た。
重ねることに、果たして意味はあるのか。謎だ。

電池が切れたのか、赤道儀がきちんと回らなくなってきたようなので、退却。
狙った星をきちんと撮れないのが切ないね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

天の川チャレンジ [星の手帳]

月齢も若いし、天気も良さそうだし、明日は休みだし。
もう少し早く帰れたら、遠くまで出かけるのだけれど、いつもの城ヶ島。
IMG_0004.JPG
感度1600。露光1分。

IMG_0005.JPG
感度3200。露光1分。

今回は、いずれも、PCによるライブビュー撮影。
ちょっと、カメラに負担がかかりすぎるのか、気温が高すぎたのがいけなかったのか、画面中に熱かぶりのような現象が。
これはきつい。
そして、肝心の天の川はよくわからないと来たもんだ。
なかなか、思うようにはならないもんだなと。
この2枚の他に何枚か撮ったところで、雲が出てきたので撤収。
撤収作業を終えて空を見れば、撤収前より晴れていた。
ちょっと、ついてなかったなと。
そういえば、熱かぶり対策の写真を撮り忘れてる。
また、今度、チャレンジ。

もう少し、ついでに。
ISO感度について。
同じ1分露光での画像がこれ。
IMG_0008.JPG
三角形は、こちらの方が判りやすいとは言いながら、全く、天の川は見えていない。
否。写ってはいるが、暗すぎてわからない。
同じ画像に、ちょっと極端な加工をしてみると、
IMG_0008_K.JPG
こんな風に写っていることがわかる。
まぁ、これでは使い物にならないので、写っていることにしてはいけないのかもしれないのだけれども。
天の川に関しては、ISO感度の設定は、800以上でないと、うまくないようだ。かといって、3200まで上げてしまうと、それはそれでキビシイと。
かぶりについて。
そういえば、こんなに極端なかぶりは、今までなかったような気がする。
今までと違うことといえば、外気温。この日は、車の温度計によると、摂氏28度だった。それほど高温とも言えない気がする。少々、蒸し暑かった感じもするので、湿度は問題だったかもしれない。
それから、もう一つが、カメラの角度。頭を下げたような格好で撮影をしていたこと。そして、それが、赤道儀に近い状況だったこと。撮像素子面が、かなり赤道儀に近かった。まぁ、それがノイズを拾う原因とも思えないのだけれども。
兼ねてから、ポータブル赤道儀の弱点として、カメラ設置の自由度がかなり低いことは感じていて、それによる撮影の制限は気になってはいた。
これが、赤道儀とカメラとの距離ということになると、また、厄介な問題が出てきたことになるなと、ちょっと、恐れている。マウント方法を再検討する必要があるのか。
ま、ぼちぼち、考えていくことにしましょ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

オリオン座 [星の手帳]

オリオンとオオイヌ.JPG
冬の星座といえば、オリオン座。オリオンの西にぼんやりといるすばる。そして、オリオンの東に輝くシリウス。シリウスは、おおいぬ座に属する星で、明るく青白く光るので、東京は銀座の明るい空でも見えたりする。ま、単体で光っててもそれだと分かるかどうかは別の話だけれど。

三ツ星とオリオン大星雲.JPG
言わずと知れた、オリオン座。その腰の部分にあたる三ツ星。そして、大星雲。肉眼でも、ぼんやりと見える大星雲。これを、いつかはきっちりと写真に収めたいものだと思う。

冬の星座として、知らない人はいないと思うくらいに有名なオリオン座。だけれども、その形と三ツ星は知ってても、そこに、大星雲があることを知っている人は意外に少ない。ウルトラマンで有名なM78星雲も、実は、オリオン座の近くにある。まぁ、ウルトラマンのそれは、架空の天体らしいけど。

そして、オリオンにまつわる伝説も、意外と知られてないように思ったりする。
オリオン座のオリオンは、狩りの達人だったらしい。
あまりにも狩りが得意だったので、「狩りの神様よりも俺の方がすごい」って自慢してしまったことがその生みの親の女神の怒りに触れ、オリオンの足下に蠍を放たれてしまったらしい。それによってオリオンは死亡してしまい、星になっても、蠍が登ってくるとオリオンは逃げるように沈むと言われている。

オリオンとすばる.JPG
オリオンにはもう一つの伝説があって。そこでも、狩りの達人ではあったのだけれども、助兵衛でも通っていたらしく、狩りの途中、森の中で出会ったプレアデスの7人娘を遊ぼうと追いかけていたらしい。もう、逃げきれないと娘たちが悟ったところで、神様が「可哀想に」と、プレアデスの7人娘を星にして空にあげたらしい。それが、プレアデス星団、日本名「すばる」ということになっている。なので、星になった今でも、オリオンは、プレアデスの娘たちのケツを追いかけているのだとか。

すばる.JPG
日本では、すばるは、別名六連星。一人足りない。7つ目の星は、実は暗くてよく見えないとか。その理由も、7人目が、自分の子供を殺されてしまった悲しみにくれているためによく見えないということになっているらしい。ちょっと、寂しい伝説だなと。

今時、「すばる」と言うと、谷村新司の歌か、自動車メーカのブランド名かと思われてしまうけれども。その自動車メーカのエンブレムにも、六連星がデザインされているなんてことはどうでもいい話だわね。

ま、そんなこんなで、初めてかな。新月の夜に頑張って素材を撮ってきて。上がりを見たら、ほとんどが流れちゃってて。まともそうなのをいくらかピックアップして、初めて、キヤノンのソフトで明加算を試してみたのだけれど。なんか、せっかく位置合わせをしたのに、上がりはずれてるし、よくわかんねーなと思っている。まともに使えるようになりたいものだ。

そんなこんなの、星の手帳。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

結果-戦場ヶ原- [星の手帳]

2W2A1208.JPG
露光3分。ISO400。解放。

2W2A1209.JPG
露光5分。ISO400。解放。

2W2A1210.JPG
露光3分。ISO400。解放。

やはり、ガスが出たのは厳しかったなぁ。月も高かったし。
いずれも、北東方向。天の川が欲しいのに、天の川なんて、かけらも映らない。
多分、多重にしないとダメなんだろうなという気がしてきた。
持ってない画角の画が欲しい。広角でもいいし、望遠でもいいし。
でも、その前に、もう少し、撮影の技も欲しい。何を撮ったのか、説明しないとわからないってのは、どーも、いかん。説明してもわからないというのは・・・。
やっぱり、PCを持ち歩かないとダメなのかなと思ったり思わなかったりラジバンダリ。カメラ付属の液晶ではどうにもならん。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

天の川 [星の手帳]

ベストショットが、これ。

2W2A1197.JPG

ダメだ、こりゃ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

オリオン・すばる [星の手帳]

惰眠を貪った分、夜に活動する。
冬の空気はピンと張っているような感じがして好きなのだが、星についてはちょっと残念な感じになる。
夏の間、晴れを狙っていたのだが、ことごとく外され。
北極星が見えないようではどうにもならないと。
晴れた時には道具を持ち合わせていないとか。
今年は、めぐり合わせの悪いことが続いていた。
50枚も撮影しておきながら、極軸合わせに失敗していたり、ブレを起こしていたり、ピンボケを量産していたりで、どうにか素材に使えそうなのが10枚程度。あまりにも、確度が低すぎる。
そもそも、星を撮るというのに、リモートコントローラを持ち出し忘れるというあたりからして気合が足りなすぎるのではあるが。
寒さにお腹をやられ、大便意を催し乍らの撮影は困難を極めた。ホッカイロがなかったら、漏らしていたかもしれない。
肛門を締めながらの撮影結果を残しておこう。

うまくいかないのは何時もの事乍ら


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
星の手帳 ブログトップ
メッセージを送る